なぜ妊娠するとむくみやすくなるのか?

妊婦さんの体はどうしてむくみやすくなるのか?

脚のむくんでいる画像

 

妊娠中に多くあるトラブルの1つにむくみがあります。むくみの原因は、立ちっぱなしや座りっぱなしなど、同じ姿勢を続けることで起こります。妊娠中は、中期から後期にかけてむくみやすいといわれています。

 

むくみのひどい方は、ふくらはぎの表側の骨のあたりを5秒強くおすと、指の跡が付くくらいにへこみそれがもとに戻るまでには、結構な時間がかかる人もいます。妊娠中にむくみを起こすことで、「妊娠高血圧症候群」につながる原因になりますので、むくみをおこさないように日常生活から改善しなくてはいけません。

 

妊娠中は体が自由に動かしにくくなるので、運動不足になりがちです。妊娠中でも、軽くストレッチをしたりウォーキングをしたりして、血流をよくしてあげましょう。軽い運動は、ストレス解消にもなり、妊娠で不安な気持ちも楽になることでしょう。

 

また、妊娠中に太り過ぎてしまうと、母体や胎児に悪影響があることがわかっています。軽く運動をすることで体重管理もできますので、リスクを減らすことができます。

 

また、むくみにはマッサージも効果的です。お腹がまだ小さな妊娠初期は、自分でマッサージもできますが、妊娠後期になるとなかなか自分では難しくなりますので、そんな時は旦那さんにマッサージをしてもらうとよいでしょう。

 

食事もむくみに関係があります。塩分の取り過ぎによって、水分を体にためこみやすくなるので、バナナやメロン、アボカド、納豆など、いらないナトリウムを対外に排出してくれる食べ物を食べるのもよいでしょう。